プリントキングでは、本文のご入稿データを1ページ=1データで保存していただくよう、お願いしております。

例えば、このような見開きのデータ
このまま保存すると、2ページ=1データの状態です。

mihiraki01

 

そこで、このデータを2ページ分2枚に分割する方法をご紹介します。
こちらのページはPhotoshop向けのご案内となっていますが、サイズ変更の方法が同じソフトであれば応用できます。

 

1.見開きのデータを作る際は、横幅を作りたい本のサイズ×2ページ+塗り足し各辺3ミリのサイズで作ります。(トンボサイズ)
縦のサイズは、通常通り作りたい本のサイズ+塗り足し各辺3ミリで作成してください。
※塗り足し5ミリで作成する場合は、その分を計算に入れてくださいね。

 

今回はA5サイズの本を作る時の例で説明します。

mihiraki01b

 

A5(148×210ミリ)の場合は、横148×2ページ+塗り足し各辺3ミリ=302ミリ・縦216ミリ
B5(182×257ミリ)の場合は、横182×2ページ+塗り足し各辺3ミリ=370ミリ・縦263ミリとなります。
念のため、この見開きの状態のデータも保存しておくと安心です。

 

2.このサイズでデータを作成したら、カンバスサイズの変更を使用し、基準点を片側中央に変更→作りたい本のサイズ+塗り足し各辺3ミリにサイズ変更します。
左の丸い部分を基準点にします。

mihiraki02

こちらはPhotoshopの画面ですが、clipstudioの場合も「編集」→「キャンバスサイズの変更」から同様に変更ができます。

clipstudioだとこのような表示になるかと思います↓
左の白い四角部分を基準点にします。

mihirakiCS

数字を変更する前に基準点を設定してくださいね。(単位も「mm」にした方が分かりやすいかと思います)

 

3.片方のページのデータが完成しました。
.psd形式で保存してください。

mihiraki03

データの保存が終わったら、画面は閉じないまま「戻る」機能などを使用し、1の画面まで戻ります。
間違って画面を閉じてしまっても、1で見開きのデータを保存していれば新たに開いて次の作業を行えば大丈夫です。

 

4.次に2と逆側の中央に起点を合わせ、作りたい本のサイズ+塗り足し各辺3ミリにサイズ変更します。

mihiraki04

 

5.もう片方のページデータができました。

.psd形式で保存してください。

mihiraki05

 

【注意!】

保存の際、ノンブルやファイル名にページ番号をつけるかと思いますが、ページ番号を間違えないように気をつけてください!
時々、右ページと左ページが逆になって保存されていることがあります…

サイズ変更の順番は右からでも左からでも構いませんが、
右綴じ…奇数ページは左・偶数ページは右
左綴じ…奇数ページは右・偶数ページは左となるようにしてくださいね。

3と5で保存したデータはこのようになっています。

mihiraki06

キング
待って!?ぼくの顔、なんだか変じゃない!?!?

プリン
大丈夫だよ!今から説明するから落ち着いて!
キングくんの顔が横に広くなってますが、大丈夫ですよ~!
この状態では、塗り足し(断裁される部分)があるので違和感があるかもしれませんが…
mihiraki07
この塗り足し(青い部分)を断裁すると、以下のようになります。
mihiraki08

キング
よかったー!いつも通りカッコよくなった!

プリン
いつも通り???何を言っているのかな…
これで見開きページの分割がきれいにできました。

clipstudioの場合は分割の機能がありますので、もちろんそれで分割をしても大丈夫です。

【注意!】
ステプラ(中綴じ)の場合は背を綴じ込まないので、この方法できれいに仕上がるのですが
見本画像にもある通り、無線綴じの場合は中央が少し綴じ込まれてしまうため、製本した際にきっちりと合わせることが難しいです。
なるべく中央にかかる部分にキャラクターの顔や、重要な文字などは配置しないことを推奨しています。

デザインの配置についてはデータチェックの対象外としています。あらかじめご了承ください。

 

※フリーソフトなどで、サイズ変更の機能が使えない場合や、上手くできない場合はこちらでの分割も可能ですので
備考欄にその旨をお書き添えの上、見開きデータをご入稿ください。
 
ただし、見開き3つ分まででお願いいたします。
 
ご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。
おすすめの記事